環境にもやさしい手荒れしない洗剤を丁寧に手づくり

サイトマップ

洗剤をお探しなら私達にお任せ下さい

公式販売店 試供品写真
店主のこだわり
手づくり洗剤との出会い
私が、この洗剤に出会いましたのは、
今から約8年前(※ 2011年時点)になります。
当時、業務用の消臭剤や洗浄剤を販売していた関係で、
得意先からいろいろお願いをされることが多く、
それまで地方の工場で製造してもらっていたものを、
できれば地元・京都で作れないか?と、考えていた時に、
同じ地元京都の伏見に太田さん(シロン石鹸)が
あることを知りました。
私の製造して欲しい洗浄剤の製造をお願いすることから
お付き合いが始まりました。

当初は、業務用洗剤だけを作っていただいておりましたが、何度も太田さんのところへ
通ううちに、太田のお母さんから、先代の社長が作った食器洗いの固形洗剤のことを、
聞くようになりました。

最初は、あまり興味をもたなかったのですが、
お母さんが行くたびに
「手が荒れなくて、汚れも落ちる洗剤やから、
私はうちの商品で一番好きやねん!」と、
自慢げに話す様子から、そこまで言うなら、
毎年冬場になると、右手の親指が手荒れして、
絆創膏を何枚も重ね、あげくに洗剤がしみるからと
ビニール袋をかぶせてゴムバンドで止め、
食器を洗っている母の様子が浮かび、
"一度使わせてみよう!"と思ったのです。
早速持ち帰った日から、母は使い始めました。
一週間ほどが過ぎた頃、母が私に
「この洗剤使うようになってから、 手の荒れがマシになってきたわ」
と話してくれました。

ただ、使い始めてまだ一週間ほどのことなので
「もう少し使ってみてよ」と私。
それからさらに一週間ほどたったときに、母の親指からビニール袋がなくなりました。
「洗剤がしみないから、必要なくなった」との事でした。
また半月後には絆創膏もしなくてよくなったと告げられました。これには、私も驚きました。
もう、何十年もの間、毎年冬になると、
手荒れはしかたないとあきらめていた母が、
初めてこの洗剤を使うようになってから、手荒れもなく冬を過ごせたのです。

母は、私に「この洗剤なら、きっと
手荒れで困っている人も喜ぶよ。
油汚れも良く落ちるしね。
こういう商品が世の中にあること皆知らないからね。
教えてあげたいね」と言ったのです。
この時から、私の中に、
母がそれだけ"良い"と言っているこの洗剤を、
本当に手荒れで困っている
多くの方に使ってみてもらいたい、
知ってもらいたい、と考えるようになったのです
それまで、太田さんが、
この洗剤をどのように製造しているのか?
など詳しいことを何一つ聞いてはおりませんでしたので、それから太田のお母さんや
三代目の専務・雅巳君、弟の周平君からいろいろ教えてもらいました。
一日に作る製造数に限りがあることや、全て手づくりであること。
お母さんは、先代が試行錯誤をしながら、この洗剤を作った姿を今でも
鮮明に覚えていることなどを聞きました。
店長挨拶
店主の伴です
ただ単にひとつの商品を販売するという
スタンスではなく、この洗剤を本当に必要とする、
手荒れでお困りの方に知って・使って・納得して・喜んで
もらえるようにしたいと強く、強く思いました。

太田さん家の、この商品に対する、限りない想いや、
この洗剤を使って、
台所仕事が楽しくなるお客様の喜ぶ顔をも見たくて…。
大量生産が当たり前の時代。いまだに40年以上前のやり方で、
しかも洗剤でありながら手づくり。
決して見栄えがいい訳でもなく、地味な商品。

しかし今では、この洗剤が持っている素晴らしさ・凄さを、ひとりでも多くの方に
知ってもらいたい!そのように計算抜きで思えた洗剤と出会えた事に感謝しています。
これが、わたくし伴 康夫の、この洗剤に対する熱い想いでありこだわりです!
伴康夫

Copyright (C) 2010 京都はんなり本舗 ALL Rights Reserved